« トレーニング日誌:2007年10月9日(火) | トップページ | トレーニング日誌:2007年10月10日(水) »

マラソン人生の生い立ち Part 2 :走暦20年を迎えて!

2007年9月28日で走暦20年を迎えました。前回の「マラソンの生い立ち」では2時間38分46秒(生涯ベストになるでしょう・・・)までの流れを書き込みましたが、今回はその後という事で・・・

2004年の3月に荒川でタイムを出した後、訳の分からない腰痛だか?腸脛靭帯の痛みだか?何かその辺りに痛みが走る状態が5月くらいまで続き、治りかけたと思った矢先の6月頃に今度はふくらはぎの肉離れと、一気に今までの無理が出て来た。少し治りかけた7月のある日の神宮外苑でバレイ君と出会う。(カテゴリーの走友 2 を参照)若き力を得て、スピードに磨きを入れる!39歳!最後の30代のシーズン!10月の千代田区ロードレース5kmで16分37秒。11月の光が丘ロードレース5kmで16分25秒と短い距離に関しては完全復活。しかし12月に入ると身体に異変が起こる。やたら疲れが取れなくなり、訳が分からない・・・走れば走るほどタイムが悪くなる。12月の忘年駅伝では5kmを17分37秒もかかった・・・何とか立て直そうと一週間、あまり練習せずに望んだ東京都下ロードレースの10kmでは何とか34分台でゴール。そのあとも走れない日々が続く。ここから長い低迷期の始まりでした。年を明けての青梅(30km)と荒川(フル)をDNSで終え何とも悲しい限りでした。それからも満足な状態で練習が出来ない日々が続く事に・・・少し良いなと思う練習が出来ていると思うと身体に変調が起きてきて・・・細木数子さんの占いだと六星占術は来年から大殺界に入るらしい。前厄にも入るし・・・と何か最悪じゃん・・・そして40歳シーズンは見事大当たり・・・書きたく無い!・・・まあ、唯一の御報日はしぶやニュー駅伝に於いての神宮前地区の優勝だけ・・・そして41歳シーズン、六星占術では減退期&本厄の真っ最中ながら一かけらの光明が見え始めたのは07年1月の新宿ハーフに於いての走りでした。昔のスピードは無くなったものの自分なりに納得のいくレース展開が出来た。頑張る走りが出来た。タイムは1時間16分05秒であったが、終始頑張る走りが出来たのは2年ぶりの事でしたから!そして東京マラソン2007の走りへと繋げた。2時間46分は現状の力からすれば満足のいくものでした。3月の荒川のフルと4月の東日本国際親善のハーフについては情けないが、今から思うと集中力が切れてました。42歳シーズンに突入し、六星占術では大殺界の停滞期&後厄。今年いっぱいは我慢の年かな?来年からは運気が上がるらしい。タイムは年齢とともに落ちて行くだろうけど、40歳台の内は50分切りを目指して頑張っていきたい!そして走暦30年を目指してGO!

|

« トレーニング日誌:2007年10月9日(火) | トップページ | トレーニング日誌:2007年10月10日(水) »

「ANNIVERSARY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154509/16713801

この記事へのトラックバック一覧です: マラソン人生の生い立ち Part 2 :走暦20年を迎えて!:

« トレーニング日誌:2007年10月9日(火) | トップページ | トレーニング日誌:2007年10月10日(水) »