« マラソン人生Part 3! 次への挑戦! | トップページ | トレーニング日誌:2011年5月30日(月)~6月4日(土) »

私の走ると言う事の哲学

走暦も23年を向かえた。回想してみると数十年前までは行き来の竹下通りや表参道を走っていると変わり者の様に扱われた。しかし、現在はどうだ!ランニングブームで走っている事が恥ずかしくなくなった・・・走る=暗いとか=忍耐の限界に挑んでいる変わり者みたいな目がなかったといえば嘘になると思う。東京マラソン2007以降、走るについての世の中の評価が変わった。沢山の方々が走るという行為から喜びや楽しみを見出すことが出来ることは走る事が好きな私にとってはとても嬉しいことです。しかし、最近、市民ランナーとしてちょっと違うのではと思うことがある!?昔からあった走友会。走る事を自分で考え研究し、先輩から色々な情報を入手したり、ランナーズ等の雑誌で自分にあった練習を自分自身で模索し、人体実験(自分自身で試してみる)する楽しみがあった。ですが!最近、習い事のようにお金を払い、練習マニュアルを作ってもらい・・・ごめんなさい・・・私には理解できません。 自分で、色々な情報を得て、自分なりに勉強して、その勉強の成果を発表するのが楽しいのでは?!もしかしたらかなりの回り道をするかもしれない!ですが、自分で考え!自分で研究し!その目標を達成できた時の喜びのほうが数倍嬉しいと思います。指導者のレールでトレーニングを積んで成功する!成功できれば良いです。しかし、自分に合わずに故障ばかりしている人もいる!走りによって自分を成長させるのは自分自身しかない!自分を成長させるとは!何も速く走れることが成長ではないと思う。自分自身で練習等を試行錯誤し、考える力をつける事!走る事により、自分自身で自分の身体や自分自身にあったトレーニングメニューを自分自身で考える!これが真の市民ランナーなのでは!?

勝手なことを述べて申し訳ございません。あくまでも私の哲学ですので、この文章に対して意見等がございましたら、どうぞコメントください。沢山の意見があると思います。お待ち申し上げております・・・全然無かったら・・・寂しいです・・・

|

« マラソン人生Part 3! 次への挑戦! | トップページ | トレーニング日誌:2011年5月30日(月)~6月4日(土) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154509/51845502

この記事へのトラックバック一覧です: 私の走ると言う事の哲学:

« マラソン人生Part 3! 次への挑戦! | トップページ | トレーニング日誌:2011年5月30日(月)~6月4日(土) »