走友 その2

PC180001彼女との ツーショットで撮ろうとしたのですがその彼女に下を向かれて?しまいました。う~ン!残念!さて、伊藤氏の次と言えばこの人、谷 昌重君。彼と初めて知り合ったのは2004年の初夏!神宮外苑で走っていた時に、やたら1周だけ朝から全力で速く走っている人がいる。何回か見かけるうちに興味を持ちだした。ある日の事。彼の後ろを追走する。彼が気が付くと並走。色々と話していくと、光が丘ロードレースで18分台(私はその大会で16分30秒台)で走った事など同じレースに出ていたんだという事で意気投合。何日か後、再び並走。彼にフルマラソンを進める。それからは、スピード練習を極力止めるよにして持続走で15km以上を走るように進める。それと、「今年の11月のつくばマラソンでサブスリーをしようよ。」と話す。10月を迎える頃にはサブスリーの目標を修正。2時間50分を切ろうになっていた。実際には、私の2時間45分で走った時のメニューをこなしていたので19分30秒ペースの2時間45分目標でも良かったのだけれども、初マラソンということもあり控えめに。それと私は故障明けで出られないが伊藤氏が2時間50分切りを狙っていたので良いガイド役を頼んだ。結果は、2時間48分でゴール。最後はペースアップしてのゴールだったらしい。そして、今年、2005年の荒川マラソンでは2時間40分01秒と飛躍してきた。6月の東京シティの10kmでは完敗。そのスピード持久力についていけなかった。12月の福岡国際でもあの風と寒さの中で2時間39分46秒でゴール。条件さえ良ければ本当は2時間32~35分くらいの力はあるのだけれども・・・レース前に彼女を泣かした罪と神様が私のタイムを抜くのはまだ早い(実際の力では彼の方が上です)と試練を与えたのかな!?(笑)だとしたら他のランナーはいい迷惑だったろうな~♪まあ、どっちにしても大切な走友である事には間違いありませン。これから環境も変わり走る事に時間を使うのが難しくなるとは思いますが、「継続は力なり!」。末永く楽しく走りましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走友 その1

PB130001 走友として最高のライバルであり、友だと思う人!伊藤毅志氏。それは、2001年3月まで遡る!そう!忘れもしないフルの荒川マラソン大会!体調が悪く、レースにならないと思い、伊藤氏のペースメーカーをする事に!それでも、負けるとは全然思っていなかった。40km手前までは並走。そこまでで、私はいっぱいいっぱい!伊藤氏に「先に行くぞ!」と言われ置いて行かれた。伊藤氏は目標の3時間10分切りで走り、私は3時間14分でやっとこのゴールでした。それから一念発起、徹底的に走り込み、8ヶ月後のつくばマラソンでそれまでの自己ベストを大きく上回る2時間45分でゴール。伊藤氏も2時間57分の初サブスリーを達成した。その後も、彼は着実にタイムを短めて、2005年11月現在、2時間49分台までやってきた。私が2時間40分を切る事が出来たのも彼の叱咤激励による賜物であると言えます。

私も40歳台になり、同じ壮年の部になりました。後、6年は同じ40歳代で戦えます!今後の戦いを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)